BLOG
ブログ

検索エンジン対策(SEO)

2016.07.06
お役立ち

1. SEOってなに?

SEO (Search Engine Optimization) 意味:検索エンジン最適化

ヤフーやグーグルなどの検索エンジンの検索結果ページに自らのWebサイトが上位に表示されるように制作・更新を行うことをSEOといいます。

「インターネット=検索エンジン」と言っても過言ではないほど、検索エンジンは一般的に利用されていますので、アクセスアップにSEOは欠かせません。

以前はヤフーとグーグルは異なる検索エンジンだったので、対策方法が微妙に違いましたが、現在はヤフーもグーグルのロボットを使用していますので、表示順位はほぼ同じです。

では、検索エンジンで上位表示されるには、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

2. どうすれば上位に出てくるの?

検索エンジンの順位は基本的に
検索している人にとって、最も役に立つと判断されたサイト
が上から順番に並んでいます。

検索エンジンの順位を決める仕組みは「アルゴリズム」と呼ばれ、Googleのエンジニア達が日々改良を加えています。もちろんその仕組みや基準はどこにも公開されていません。が、大雑把に言うと、下記のような内容で判断されているようです。

  • キーワードと情報の関連性
  • 情報のオリジナリティ
  • 情報量
  • 運営年数
  • 人気(他サイトで話題となっているなど)

上記の中で、「運営年数」は時間によって、「人気」は人の役に立ってはじめてついてくる結果ですから、実際の所どうにもなりません。

ですから、下記の3つ

  • キーワードと情報の関連性
  • 情報のオリジナリティ
  • 情報量

が勝負のポイントとなります。
つまり検索エンジンで上位に表示される為には、

  • キーワードと関連性のある内容を
  • コピー、転載ではなく独自の文章で
  • たくさん書く

事が重要となります。
狙っているキーワードで出てくるライバルのサイトより上回っていれば、原則として必ず上位にくるはずです。
表示されたいキーワードに関連性のある内容をたくさんアップするようにしましょう。

※人気について
少し前まで、ウェブサイトの人気を図る指標の一つとして「他サイトからリンクが貼られているか?(被リンク)」が重要視されていた為、それらリンクを提供する有料、無料サービスが多くありました。
しかし、グーグルはこの行為をスパム(検索エンジンを騙す行為)として、検索結果の順位を「表示圏外」へ飛ばす重いペナルティを適用するようになりました。
よほど儲かったのか、現在でもこの一昔前のSEO手法を平気で営業をかけてくる業者も多数おりますが、効果がないどころかマイナスとなってしまう可能性が高いので、充分にご注意下さい。

3. 情報量が多いメリットは他にも

ウェブサイトの情報は多ければ多い程良いと考えて下さい。

お客様のお仕事に関連する情報であれば、ありすぎてもデメリットはありません。 検索エンジンの順位アップはもちろんですが、それ以外にも

・検索エンジンに引っ掛かる窓口が増える事になる。
サイト内に情報が増えるという事は、検索に引っ掛かるキーワードも増えるという事になります。
更新を続けているうちに、何気なくアップしたある記事の思わぬ言葉から、継続的に大量のアクセスが入ってくるなんて事が良くあります。

・役に立つサイト、情報の多いサイトは人にも教えたくなる。
役に立ったと思えるサイト、情報量が多いサイトは、同様に困っている自分の周りの人にもそのサイトの存在を教えたくなります。フェイスブックやブログが流行している現在は尚更その傾向が強いです。

逆に情報が多すぎるデメリットはありません。ゴチャゴチャして見難いというデメリットをあげる人もいますが、それは情報デザイン、サイト設計、導線誘導ができていない事が問題であり、情報が多い事とは別問題です。

ただ、役に立つ記事と言っても慣れてくるまで最初はなかなか難しいと思います。
具体的にどんな情報を書けばいいのでしょうか?

4. どんな情報を書けばいいの?

役に立つ情報と言っても、誰も知らない極秘情報や、本や雑誌のように取材に基づいた貴重な情報だけが有益な情報という訳ではありません。

普段のお仕事内容やお勧めポイント、それらをできるだけ詳しくお伝えするだけでも、結果的に検索している人にとっても役に立つ情報となります。


小売業なら
・家具屋さんなら扱っている家具一品ずつ細かく紹介
・お花屋さんなら扱っているお花を一つずつ細かく紹介

サービス業なら
・自社サービスを細かく紹介
・日頃のサービス事例を日記風に

士業なら
・相談事例の紹介
・法改正などについての自身の見解

その他
・社長が業界に対し思いのままに考えている事を綴る社長ブログ
・実績などがある場合、実績を紹介

売りたい商品、サービスがあれば、その情報を細かい事まで詳しく説明する事で、その商品やサービスを探している人にとっては、とても有益な情報となります。

フェイスブックやブログなどで、自分の仕事の宣伝ばっかりすると、周りのひんしゅくを買ってしまったり、誰も見に来てくれなくなったりするかもしれませんね。 しかし自社ウェブサイトであれば、宣伝し放題。むしろより細かく説明する事で、より閲覧者の利益にもつながるのです。

5. まとめ

上記の内容は、グーグル公式ブログでも告知されています。

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/09/more-guidance-on-building-high-quality.html

グーグルが言うところの「良質なコンテンツ」をたくさんアップする事が最高のSEO対策であり、唯一の方法です。
逆にそれ以外の何かしらの方法で順位が上がったとしても、遅かれ早かれグーグルに除外される事になります。

2. 注意

一昔前のSEO対策の主流、下記のようなサービスは無償、有償を問わず注意して下さい。

注意しなければいけないサービス
・検索エンジン対策の為だけに、他サイトからのリンクを集める被リンクサービス。
・その他、契約さえすれば順位が上がるかのように謳っているサービス

まずは無料ヒアリング
ご利用下さい
お客様のご希望に合わせて
できるだけ予算を抑えた提案をいたします。
facebookもやってます。
facebook stylewebのオフも公開
LINEもはじめました。
LINE@今よりもっとお気兼ねなく
menu